『WIRED』Vol.21 特集「音楽の学校」

Tokyo Recordingsが特集されています。

2月10日発売の『WIRED』 VOL.21は、特集「音楽の学校」。いま音楽の世界では、ミュージシャンを育てるだけでなく、彼らをとりまく「エコシステム」そのものを育む新しい学びがはじまっている。アメリカではBeatsを生んだ2人がつくった「クリエイティヴィティのための学校」を、イギリスではアデルを育てたTHE BRIT SCHOOLを、そして日本では、音楽を進化させる3つのスタジオを取材。音楽をテーマに、これからの教育が進んでいくべき姿を探る。第2特集「こんな時代のセックス」では、セックスとテクノロジーの新しいかたちを紹介。そのほか、Wikiaに見るエンタメとファンコミュニティの未来、新作『アーロと少年』に学ぶピクサー式イノヴェイション、映画『スティーブ・ジョブズ』の脚本を手がけたアーロン・ソーキンへのインタヴューを掲載。

Source: http://wired.jp/magazine/vol_21/